徳島の気になりすぎるスポット「アニメBAR あに★らぼ」に潜入!(徳島市籠屋町)

あにらぼ店内 気になるスポット

徳島に5年住み1、その間に様々な場所に訪問しました。ブログを始めてからはブログでも紹介してきましたが、行きたいと思いつつも行けずじまいだった場所も多々あります。

行きたいと思った場所には積極的に行っておくべきですね。「いつでも行ける」と思って後回しにしていると、いつの間にか閉店してしまったりもしますし、あるいは自分がその土地から離れなければならなくなってしまったりすることもあります。

あにらぼ外観

徳島の繁華街、籠屋町にあるショットバー「アニメBAR あに★らぼ」も、行けずじまいだった場所の一つです。このあたりは非常勤の職場に通勤する際によく通っており、心惹かれる印象的な店名と、萌え系の女の子の看板がいつも気になっていました。アニメはどちらかというと好きなのですが、なかなか一人で行く勇気は出ず、かといって知人を誘うのも気が引けるなと思い、結局行けずじまいのまま徳島から引っ越してしまったのでした。

ですが、今回を逃したら次がいつになるかわからないと思ったので、勇気を出して入店してみることにしました。ちなみにバー自体も友人や上司に連れられて行った経験しか無く、自分で行ったのは初めてです!果たして僕は、初めてのバーが「アニメバー」で一体どうなってしまうのでしょうか!?

アニメグッズがたくさん!好きなものに囲まれながらゆっくりと飲む

あにらぼは雑居ビルの2階にあります。おっかなびっくりしながら、階段を登っていくと、壁にたくさんのアニメキャラクターたちが貼られています。非日常の世界に足を踏み入れた気分でしたが、よく見ると貼られている作品がいずれも2010年代前半の、僕がアニメをよく見ていた頃に放映されていた作品ばかりだったので少し安心しました。

いやぁ、よかったです。アニメは好きなつもりですが、近年はアニメをほとんど見ておらず、最近見た作品も「リコリス・リコイル」か「ウマ娘」ぐらいだったので、アニメトークについていけないんじゃないかと思いました。ですが、昔の作品もOKなら語れそうですよ!

緊張を捨てきれないまま店のドアを開くと、開店時間すぐに訪問したこともあってか、客はどうやら僕一人でした。べぇこんさんというスタッフさんが店番をされていました。

あにらぼ看板

システムとしては、基本的なところは一般的なショットバーと同じようで、席料があり、ドリンクやフードを各々のタイミングで注文し、良きところでお会計… といった感じです。しかしながら、ここは「アニメバー」でもあります。アニソンのカラオケを歌うことができるし、逆にスタッフさんに歌わせることもできます。さらにはコスプレを体験することもできたりします。

あにらぼ店内

そして、店内にはアニメグッズやポスターが所狭しと飾られています。エンドレスでアニソンも流れています。アニメ好きとしては、大好きなキャラクターグッズに囲まれた空間にテンションが上がります。

あにらぼフィギュア1
あにらぼフィギュア2

ちなみに、カウンターに飾られたフィギュアは常連の原型師の方がフルスクラッチで作ってあにらぼに寄贈されたもののようです。見たことのないフィギュアがあるなぁ、と思ったらそういうことだったんですね!一から作り出せるのってすごいです。

あにらぼメニュー1

早速メニューを見ていきましょう。ちなみに、看板にも描かれていたこの女の子は「アワローズ」さんというそうです。

あにらぼメニュー2

ドリンクは一般的なアルコール、ソフトドリンク、徳島ならではの「すだち酒」のみならず、アニメバーらしいメニューも揃っています。

あにらぼメニュー3

例えば、シュタインズゲートをイメージした「ドクペカクテル」や、

あにらぼメニュー4

ジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャンとウマ娘プリティーダービーのキャラクターをイメージしたオリジナルカクテルがあります。

スズカさんカクテル
アクキーは私物です

せっかくなので、大好きなサイレンススズカをイメージしたカクテルを頂くことにしました。

キウイベースで、ほのかに甘く後味のすっきりとした、ごくごくと飲める一杯でした。スズカさんのごとき透明感のある味わいでした。

普段はなかなかできないオタクトークで盛り上がる!

店内の客は僕だけだったこともあり、店員のべぇこんさんや、後ほどやってきた店主のオージさんとお話しながら飲みました。

やはりこういうお店なので、スタッフさんはアニメやゲーム等、サブカル方面の知識がありますし、話の流れがマニアックな方向に傾いても食いついてもらえるのが楽しかったですね。

ストライク
ポケモンのストライク

例えば知り合いと「ポケモンが好き」という話をするにしても「ストライクというかまきりのポケモンが好き」という話まではついてきてもらえます。でも「ポケモンSVのストライクは飛行テラスタルからのテクニシャンダブルウイングを打てるから熱い2とかいう話にはついてきてもらえないんですよ。それがあにらぼのスタッフさんには通じたので、初めて推しポケモン強化の喜びを共有できて嬉しかったですね(笑)

やってきた新規のお客さんにも、勇気を出して話しかけてみました。スタッフのお二人が要所要所で話題に食いついてくれたり、追加情報を出してくれたりしたこともあって、和やかに盛り上がることができました。

あとは、徳島という田舎でのオタ活事情についても話しました。アニメ・ゲーム・声優等、オタクコンテンツ全般を取り扱う一大イベントのマチ★アソビが定期的に開催され、全国各地からオタクが集う徳島ですが、やはり過疎化やコロナ禍の影響でオタ活の選択肢がどんどん狭まっています3

徳島のオタクにとって近年の大きな事件だったのは、ポッポ街の南海ブックスの閉店4でしたね。あそこに行けば欲しいものは大体手に入りました。漫画やライトノベルのみならず、アナログゲームや、下のなまこが元気になるゲーム(婉曲表現)を手に取って購入することができました。ですが、南海ブックスの無い今は、漫画やライトノベルはともかく、それ以外のオタクグッズを買おうとするとネットに頼ることになるでしょう。ネット通販は確かにどこに居ても利用できて欲しいものを手に入れられる良さがありますが、一方で、ウィンドウショッピングで一目惚れしたものを買う楽しさも確かにあるんですよね。その選択肢が狭まっているのは悲しいことだと思いました。

ちなみに、オージさん曰く、現在の徳島でアナログゲームを買おうと思ったら、両国の「HOBBY SHOP KUME」(かつての『ベビーショップ久米』)が品揃え良好とのことでした。

いろいろとトークをしていると時間も結構経ってきたので、最後にせっかくなのでアニソンカラオケをして帰ることにしました。歌った曲は星野源さんの「ドラえもん」です。お昼にも全く同じ曲を道の駅くるくるなるとのカラオケブースでも歌っています(笑)

あにらぼ領収書

アニメグッズに囲まれた空間で、マニアックなトークをしながらお酒を飲み、最後にアニソンを歌うのはまさに非日常の体験でしたね!1時間30分ほどゆっくりトークしながら飲み、お会計は2200円でした。

アニメBAR あに★らぼ まとめ

あにらぼは徳島市の繁華街、籠屋町にあるアニメバーです。システムは一般的なショットバーと同じで、さらにオプションとしてコスプレやアニソンカラオケの体験ができます。

アニメグッズに囲まれた店内は、バーとしては特殊な感じではありますが、落ち着いて飲むことのできる雰囲気が確かにあります。

今回は一人で訪問し、落ち着いて飲むことができましたが、アニメに理解のある連れがいれば、スタッフさんも交えてトークやアニソンカラオケが盛り上がること間違いなしだと思います。誰かを連れて行くか、あるいは常連さんのいるときにまたリベンジして、ワイワイしながら飲んでみたいですね。

今回店舗にいらしたスタッフさんはTシャツ姿でしたが、日によってはコスプレ姿のスタッフさんがいらっしゃることもあるようです。また、スタッフさんとチェキを撮ることもできるようです。

最後に、店内の撮影許可をくださったべぇこんさん、オージさん、ありがとうございました5

あにらぼ帰り際
また行きます!

アニメBAR あに★らぼ
徳島県徳島市籠屋町2丁目16-1

営業時間:20:00~翌2:00
定休日:不定休

あに★らぼのWebサイトはこちら↓

  1. ブログで取り上げたのはそのうちの3年です。
  2. ストライクというポケモンの能力(とくせい)と、ポケモンスカーレット・バイオレットの新要素「テラスタル」の仕様が組み合わさり「威力40の2回攻撃」を実質的に「威力120の2回攻撃」として打つことができます。
  3. ちなみにマチ★アソビのときには他県からもお客さんが結構いらっしゃるとのことです。
  4. 2020年5月閉店
  5. 店内の撮影はスタッフや他のお客さんの顔の写らない範囲で許可してもらえました。

コメント