人気のテイクアウト生餃子!新風° 本店(名古屋市北区志賀町)

新風焼き餃子1 グルメ

温故知新という言葉があります。昔の事柄を調べ直したり、考え直したりすることによって、新たな知見を得るという意味です。

それはこのブログにおいても重要な概念です。ネタに困ったときに過去の記事を見直すと、意外なネタの種が眠っており、それが新たなネタに繋がることもあるのです。

販売されている餃子は、名古屋にある人気のお持ち帰り餃子店「新風」とふじやが共同開発した薄皮餃子とのことです。新風は「1日に1万個売り上げる」といわれるほどの人気店らしいのですが、そんなところとふじやがタッグを組んでいるとなると期待が持てますね!

24時間営業の無人餃子直売所で餃子を購入! 餃子香月(板野郡北島町鯛浜)より

過去記事を読み返しながら、良い感じのネタの種を掘り当てることに成功しました。こちらは2021年10月に投稿した、僕が冷凍餃子にハマるきっかけとなった徳島県の無人餃子直売所「餃子香月」の紹介記事の一部です。

1日に1万個を売り上げる「名古屋にある人気のお持ち帰り餃子店『新風』」ですと!?名古屋にそんな店が!?当時は餃子香月について紹介するためにサラッと触れたにすぎなかったのですが、まさか3年の時を経て名古屋でのネタ探しの役に立ってくれるとは思いもしませんでしたよ。

新風°(こちらが正式な表記です)は名古屋市北区、西区、豊明市、小牧市に店舗があるテイクアウトの餃子専門店です1。今回は北区志賀町にある本店にお邪魔しました。そして、1日1万個売り上げるという大人気の餃子を堪能しました!

焼きでも茹ででも旨い、和だしの効いたあっさり餃子!

新風外観

新風°では餃子と冷凍焼売を販売しています。中でも餃子は包みたての生餃子と、保存に便利な冷凍生餃子の両方を取り扱っています。

店内には冷凍庫とお会計用のカウンターがあり、冷凍餃子や焼売は冷凍庫から取って購入し、生餃子は店員さんがカウンターの奥の工房から持ってきてくれます。

新風パンフレット3
新風パンフレット1

素材は新鮮な国産のものにこだわっており、さらに最高の餃子に仕上がるように厳選されています。自慢の皮は全国の餃子店に皮を卸す「伸和食品」謹製の、パリッと焼け、もっちりとしつつなおかつ口溶けの良いものを、肉は愛知の精肉店「肉のスギモト」のブランド豚「愛知みかわ豚」を、ごま油は四日市市の九鬼産業のものを、にんにくは青森県のブランドにんにく「福地ホワイト六片」を、キャベツは愛知県産の採れたてを使用しています。さらに、昆布、干しシイタケ、鰹節等の出汁が餃子の旨味を引き立てているのだとか。食べる前にこういう「美味しさの秘訣」みたいなのを見ると俄然食べるのが楽しみになりますね!そして「餃子でダイエット」ですか。言われてみれば確かに、お肉も野菜もバランス良く含まれていますし、適度に糖質(皮)も含まれていますからね。餃子はある意味最も効率の良い食事と言えるかもしれません。

新風冷凍餃子
新風°冷凍生餃子、男餃子冷凍(ともに税込540円)

今回は保存がきくように、冷凍生餃子「新風°冷凍生餃子」(21個入り)と、にんにくやニラを増量した「男餃子冷凍」(16個入り)を購入しました。

新風パンフレット2

調理方法は至って簡単です。焼きの場合は熱したフライパンにごま油をひいて餃子を並べ、お湯もしくは水を注いで蓋をして蒸し焼きにして水分を飛ばします。茹での場合は餃子が浮かんでくるまで茹でるだけです。

新風餃子調理風景1
新風餃子調理風景2
新風餃子調理風景3

というわけで、焼き餃子と茹で餃子の両方を作ってみました!

新風焼き餃子1

まずは焼き餃子から頂いてみます。ぽってりとした絶妙な厚みの皮から、餡が透けて見えています。そして、良い具合にきつね色に焼きあがっていますよ!

新風焼き餃子2

皿の左側に男餃子、右側に新風°生餃子を盛り付けています。

新風°生餃子は、全体的にあっさりとした味わいでした。肉汁のジューシーさというよりも、餡の旨味を楽しませる餃子です。餡は豚肉とキャベツといった、素材の甘味や旨味が引き立っています。この素材の味を、和だしが引き立てているのでしょう。確かににんにくも効いているのですが、全体的に後切れの良いあっさりとした味わいとなっています。にんにくの味も尾を引きません。このあっさりとした味わいゆえに、何個食べても飽きません。皮も焼き目はパリッと、それ以外の部分はもっちりとした食べ応えで、満足度が高いです。一方で、皮はあっさりとした餡よりもさらに一歩引いて、餡を引き立てるような存在感となっています。

男餃子はにんにくやニラが増量しているだけあって、濃くてガツンと来る味わいです!濃い味の餃子が好きな方は、こちらのほうが好きかもしれません。お酒のアテにぴったりの味です。このガツンと来る濃い味もまた、にんにくとニラと豚肉いう素材がもたらしているものですからね。新風°の餃子は総じて、素材の旨味を絶妙なバランスで活かした一品と言えるでしょう!

新風茹で餃子

茹で餃子は印象がガラリと変わります。皮は透き通り、ぎっしりと詰まった餡が透けて見えます!皮はつるっと滑らかな食感で、あっさりとした餡の味が引き立ちます。

今回は水で茹でて頂きましたが、鶏ガラスープ等で茹でたり、鍋の具材にしたりしても美味しく食べられると思います。特に新風°生餃子は、鍋やスープの味を邪魔せず、なおかつ餡の旨味も良い具合に存在感を放つことでしょう。

新風° まとめ

新風°は北区に本店がある人気のテイクアウト餃子専門店です。素材にこだわり、和だしを効かせて素材の旨味を引き出した名物「新風°生餃子」はあっさりとした味わいで、いくら食べても飽きが来ません。一方で、新風°生餃子にニラとにんにくと肉を増量した「男餃子」はガツンと来る濃厚な味わいで、お酒のアテにぴったりです。

冷凍餃子や生餃子は、フライパンで蒸し焼きにしたり、鍋で茹でたりするだけで簡単に調理できる優秀なおかずです。というよりは、野菜と肉と糖質(皮)とをバランスよく含んでいるのでむしろ完全食と言えるかもしれません!(え) 冷凍餃子や生餃子の専門店は多々ありますが、新風°の餃子はあっさりとした餃子が好きな方におすすめしたいです!

その他、冷凍シュウマイも取り扱っているので、そちらも試してみたいですね。

新風° 本店
愛知県名古屋市北区志賀町5丁目6

営業時間:10:00~19:00

※訪問時点での情報です。

名古屋近辺の冷凍餃子専門店の紹介記事はこちら↓

  1. 小牧市の店舗は無人店舗。

コメント