【クリスマス自炊】ケンタッキーのチキンの骨で鶏白湯鍋!

ケンタッキー鍋6 自炊

そろそろクリスマスですね。クリスマスから大晦日、お正月にかけての世間の浮かれた空気が好きなので、特に予定はなくても何だかウキウキしてしまいます。

クリスマスにはチキンを食べるという方も多いでしょう。

ケンタッキー1

皆で集まってケンタッキー、良いですよね。ケンタッキーのチキンには独特の旨味があって、時折無性に食べたくなります。

ケンタッキー2

ケンタッキーのオリジナルチキンは骨付きです。骨付きの肉に豪快にかぶりつくのはとても気分が上がりますが… 食べ終わった後の骨は、どうしていますか?

もしそのまま捨ててしまっているのだとしたら、とても勿体ないです!

ロケットニュースや家事ヤロウ等、色々なところで紹介されていますが、ケンタッキーのチキンの骨からはとても良い出汁が出て、比較的簡単に鶏白湯スープを作ることができます。

ケンタッキーのチキンの骨で作った鶏白湯鍋「ケンタッキー鍋」を、僕も作ってみました!

使用する材料(約3人前)

チキンの骨・・・・・5個分以上

水・・・・・・・・・750ml

鶏肉・・・・・・・・150g

豆腐・・・・・・・・半丁

お好みの野菜、きのこ

作り方

1.チキンの骨を鍋に入れ、骨が浸るぐらいの水を注ぐ。

ケンタッキー鍋1

身はあらかじめナイフなどで骨と切り離しておきましょう。

2.鍋を火にかけ、煮立ったらさらに15~20分煮込む。

ケンタッキー鍋2

煮込んでいると、だんだんと白濁してきます。

3.骨を取り除き、スープの味を調える。

ケンタッキー鍋3

15~20分も煮込むと、すっかり白濁スープが出来上がります!

鶏ガラから白湯スープを作ろうとすると、もっともっと時間がかかりますからね…

もう少し煮込むともっと濃いのができますが、鍋にするにはこのぐらいスープが出ていれば十分です。

白濁スープには鶏の旨味が出ており、チキンのスパイスの味も多少移っているのですが、基本的に多少味が薄いので塩コショウで調整すると良い感じになります。

4.お好みの野菜を入れて煮込む。

ケンタッキー鍋4

5.肉と豆腐を入れてさらに煮込む。

ケンタッキー鍋5

6.完成!

ケンタッキー鍋6

想像以上に簡単にできました。しかも、これがなかなか旨いんです!

ケンタッキーのチキンは圧力調理をしており、それゆえに骨から出汁がよく出るのだそうです。骨から取れた白濁スープはまろやかな鶏の旨味があり、フライドチキンのジャンクなイメージとは対照的な優しい味わいです。

フライドチキンの骨という、本来なら捨ててしまうものを再利用してもう1品料理ができてしまうというのはすごくお得です。ある意味これも「サステナビリティ」ではないでしょうか!(覚えたての言葉を使いたいだけ)

これからクリスマス本番です。チキンを食べようと思っている方も多いかと思いますが、クリスマスパーティーの次の日には骨を使ったケンタッキー鍋で鍋パーティーをしてみるのも良いかもしれませんね!簡単な割に、一度食べてみたら「また作ってみたい」と思えるアレンジメニューなので、興味のある方はぜひお試しください!

独身をこじらせていた頃は、ケンタッキーのCMソングの、竹内まりやさんの「すてきなホリデイ1」に心をえぐられていたね…

それは重症ですね…

だけど今年は大丈夫!心を抉られたりしないよ!だって、キタちゃんがいるからね!一人じゃないよ!!

キタサンブラックフィギュア

こじらせたままじゃないですか!

ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ

人気ブログランキング

  1. クリスマスが今年もやってくる~♪

コメント