【道の駅巡り】寒河江(山形県寒河江市)

寒河江外観 グルメ

道の駅紹介

山形-03 寒河江

第1回(1993年4月)登録、1992年5月開業

寒河江スタンプ
【スタンプ】
寒河江記念きっぷ表
寒河江記念きっぷ裏
【記念きっぷ】販売中

所在地:山形県寒河江市八鍬川原919-8

名物はさくらんぼ

道の駅寒河江は寒河江市の国道112号線沿いにあります。「チェリーランド」という大型の施設が道の駅に登録されたものです。

チェリーランドというのは岡山で例えるなら「ヒルゼン高原センター」みたいなイメージの施設ですかね。まあ、そこと違って遊園地は無いのですが。

あんずとマチのドライブ

着きました!

大きな道の駅!

寒河江看板
寒河江店内

東北最大級ともいわれる非常に広い施設には、山形県内の物産が豊富に揃っています。とあるサイトでは寒河江の店内の様子について「デパ地下」と形容していましたが、言い得て妙だと思いました(笑)

とにかく面積が広いため、中に揃う物産の量も非常に多いのです!あらゆるお土産が揃いますし、見ているだけで楽しいです。

寒河江顔はめ

チェリーランドの施設名の通り、道の駅寒河江、ひいては寒河江市全体でさくらんぼを強く推しています。施設内には年中サクランボ料理を食べられるカフェが新たにオープンしたほか、上の写真の顔はめにもあるように「全国さくらんぼの種吹きとばし大会」なる珍イベントが開催されているとのことです。

ちなみにさくらんぼの種飛ばし界隈での最長記録は2005年に樹立された28.51m1です。わけがわかりません(笑)

なお、この大会もまた「参加者数最大のさくらんぼの種飛ばし大会」としてギネス記録を持っているようです。

大人気のアイスを頂く!

寒河江さくらんぼ会館

記念きっぷを買い求めるためにさくらんぼ会館に赴くと、何やら行列ができていました。どうやら、人気のアイスクリームコーナーがあるようです。

寒河江さくらんぼ会館内部

お腹の中の冷やしラーメンと芋煮コロッケは大人しくなりました。天童温泉で食べられなかったアイスクリームを、こちらで頂くことにしましょう!

寒河江サイン

チェリーランドのアイスクリームは、多くの著名人が味わってきたようです。中には筑紫哲也さんのサインもありました。

寒河江アイス1

訪問日(7月31日)のラインナップはこんな感じでした。お米やハイビスカスなど、変わり種のフレーバーもありますが、せっかくなので地元のフルーツを味わいたいです!

寒河江アイス2

というわけで、さくらんぼとラ・フランスミルクのアイスクリームを注文しました。どちらも色が似ていますが、さくらんぼ(下側)は少しだけ赤みがかっています。

甘くてとってもおいしいです!

とろけるー!

なめらかな手作りアイスクリームは、さくらんぼ、ラ・フランスミルクのいずれもとろけるような甘さでありつつも、後切れの良い爽やかな味わいでした。

今後さらに進化します

チェリーランドは開業30年を迎え、大幅なリニューアルの最中です。かつてあった「トルコ館」などの施設を廃止し、新たにオートキャンプ場やグランピング施設、次世代子育てステーションといった新施設を2024年春のオープンに向けて整備しており、観光や街づくりの拠点としての役割が期待されます。

変わり種としては、さくらんぼの種飛ばしの専用コースも整備予定なのだとか(笑)

地元の産業も生かしながら、変わりゆく時代にアジャストしようと試み続けるチェリーランド。今後のさらなる発展が楽しみです!

さくらんぼの種飛ばし大会かぁ… 内臓飛ばし大会があったら優勝できる自信があるんだけどな!

それはなまこにしかできません!!

※チェリーランドのホームページはこちら↓↓

山形県の道の駅一覧へ

  1. 海外の記録ゆえ、この大会で記録されたものではないと考えられます

コメント