海鮮祭り!魚太郎本店で浜焼きバーベキュー(愛知県知多郡美浜町)

魚太郎バーベキュー4 グルメ

9月中旬に、遅めの夏休みをとって2泊3日で愛知県各地を観光してきました。2日目の目的地は知多半島です。羽豆岬でウバメガシのトンネルをくぐったり独り身の寂しさに打ち震えたりえびせんパークで巨大せんべいをぺったんしたりしましたが、全ては前座でした。2日目のメインイベントは海鮮バーベキューです!

知多半島の美浜町には、メディアでもしばしば紹介される大人気の海鮮市場「魚太郎」の本店があります。新鮮な海鮮を購入したり、レストランやフードコートで海鮮丼や海鮮料理を楽しんだりできる施設なのですが、市場に隣接して大規模なバーベキューサイト「魚太郎浜焼きバーベキュー」があります。知多半島の新鮮な魚の揃う魚太郎にて、新鮮な海鮮を炭火焼で頂く海鮮バーベキューを満喫してきました!

手ぶらで楽しめる海鮮バーベキュー

魚太郎バーベキュー外観
魚太郎バーベキューパンフレット3

魚太郎浜焼きバーベキューは、全天候型のバーベキューサイトです。席料はドリンクバー料金込みで、大人900円、小学生400円、幼児無料(フリードリンク利用の場合100円)となっています。一組あたりの持ち時間は2時間半なので、ゆっくりとバーベキューを楽しむことができます。

魚太郎バーベキュー3

訪問時は雨が降ったり止んだりのすっきりしない空模様でしたが、屋根があるので雨が降っていても問題なく海を見ながらのバーベキューを楽しめます。

魚太郎バーベキュー5

席はこのような感じになっています。訪問日は平日でしたが、テーブルの7割がたは埋まっていたように思います。

魚太郎バーベキュー1

魚太郎浜焼きバーベキューのありがたいポイントは、手ぶらでも利用できる点ですね!バーベキューをしようと思うと、食材に加えて、グリルや炭、網などを準備しなければなりませんし、火起こしだって大変です。楽しい反面この点がネックになりがちですが、魚太郎浜焼きバーベキューでは店員さんが火をスタンバイしてくれます。ゆえに、食べることだけに専念できるというわけですね!

それは焼き役を連れに押し付ける人の発想ですね…

ばれた!

もっとも、店員さんがしてくれるのはあくまで火起こしと火の始末だけであり、焼いている最中の火加減の調整は自分たちで行う必要があります。

魚太郎バーベキューパンフレット1
魚太郎バーベキューパンフレット2

食材は海鮮以外にも野菜や肉、ご飯、焼きそば、アヒージョ、ホイル焼き等が揃っており、約80種類から選ぶことができます。食材販売コーナーがあり、そこで気になる魚介や食材を購入して自分の席に持っていくシステムになっています。また、前述のようにソフトドリンクは料金が席料に含まれているのでドリンクバー形式で飲み放題ですが、アルコール類は別売りです。種類は充実しており、サーバー生ビールやボトルワイン等を楽しめます。

魚太郎バーベキューパンフレット4

最大の目玉は、隣接する鮮魚市場で購入した魚を持ち込んで焼けることですね!購入時に浜焼きバーベキューで食べる旨を伝えると、無料で下処理をしてもらえるようです。

同行者が火の番をしてくれるようなので、僕が気になる食材を持ってくることにしました!

ちゃっかり焼き役を連れに押し付けているじゃないですか!

知多半島名物大あさりに、一番人気のとろさば!知多半島の海鮮を炭焼きで満喫

魚太郎バーベキュー2

最初に焼いたのは、とろさば干物、赤海老、鮭はらす串、まぐろ頬肉ネギ塩、大あさりです。

とろさば干物は魚太郎の看板商品で、脂の乗った鯖を、市場に併設された干物工場にて干物に仕上げた自家製です。魚太郎浜焼きバーベキューでもダントツで人気なのだとか。

大あさりは知多半島の名物です。形は見覚えのあるあさりそのものなのに、一般的なあさりよりも一回り、二回り大きくて度肝を抜かれます!

その他、同行者の好物である赤海老に、脂の乗って旨そうな鮭はらす串に、焼いたら絶対に旨いと思ったまぐろ頬肉ネギ塩をチョイスしました。隙の無い布陣を組めたと思います!

魚太郎バーベキュー4

早速、弱火でじっくりと焼いていきます。グリルに網を斜めに置いて火から遠ざけると弱火に、網をグリルにはめ込んで火に近づけると強火になります。その他、網の上のどの場所に置くかも火加減には重要ですね。同行者は焼き役、僕は写真役と、役割分担も万全です(え)

魚太郎バーベキュー6

良い感じに焼けたので、早速頂いてみることにします!

うわぁ!旨味が違う!歯応えが違う!これが鮮度の違いか!

とろさば干物は、滴る脂がたまりません!炭火でじっくりと焼いた身は香ばしく旨味たっぷりで、旨味を纏った脂が口の中を満たしてくれます。今まで食べた鯖の中で一番美味しいと言っても過言ではないかもしれません!

知多半島名物の大あさりは、醤油ベースのたれで頂きます。あさりのエキスとたれとが混ざり、最高に旨い液体が出来上がるのですが、それをプリプリ、コリコリの身と絡めるのがたまりません!よく知っているあさりの何倍もプリプリでゴリゴリです!貝柱も非常に強い食感で旨いです。

マグロ頬肉ネギ塩は、じょきっとした歯応えがまさに「筋肉を食べている」といった感じで、とても食べ応えがありました。ネギ塩の味ともよく合っています。

鮭はらす串も、とにかく脂が滴ります!柔らかく、脂で濡れ濡れの鮭はらすは、一口頬張ると脂と一緒に鮭の旨味がぱっと広がります。家系ラーメンの脂にはたじろぐようになりましたが、魚の脂はまだまだ大歓迎です!

赤海老は身がぎっしりで、非常にぷりぷり食感です。頭の味噌も旨味たっぷりです。

総じて、鮮度の良い物を鮮度の良いうちに焼いて食べることで、魚介のポテンシャルを最高の状態で楽しむことができたように思います。非日常的なロケーションも、美味しさを加速させてくれました。

魚太郎バーベキュー7

気になるものはまだまだたくさんありましたが、お腹がいっぱいになってきたのでこのへんで最後にしておきましょう。続いて、サザエ、カキ、大あさりを取ってきました。

魚太郎バーベキュー8

貝には旨味が凝縮されていますね!サザエやカキも美味しかったですが、やはり一番気に入ったのは大あさりです。大きいのに大味じゃないんですよ。染み出す旨味も、食感も、一般的なあさりより大幅にスケールアップしています!

知多半島の魚介をお腹いっぱい楽しむことができて、僕も同行者も、大満足のバーベキューとなりました。

魚太郎浜焼きバーベキュー まとめ

愛知県美浜町にある人気の魚市場「魚太郎本店」には、海を見ながら海鮮バーベキューを楽しめる全天候型バーベキューサイト「魚太郎浜焼きバーベキュー」があります1。席料は大人900円、小学生400円、幼児無料となっており、そこからさらに食材コーナーで好みの食材を購入して焼くスタイルとなっています。隣接の市場で購入した海鮮も持ち込んで焼くことが可能です。

とろさばや大あさり等、地物の新鮮でハイクオリティな海鮮の数々は、シンプルに焼くだけでも最高のパフォーマンスを発揮してくれますよ!

食べられていない、気になる食材が他にもたくさんあるので、また誰かを誘って行ってみたいですね!市場で購入した魚も焼いてみたいです。

じ、女子を誘って行きたいんだな!うへへ!!

それで、女子に焼きを担当させるつもりですか?

うっ!

そこで口ごもらないでくださいよ!

魚太郎 浜焼きバーベキュー
愛知県知多郡美浜町豊丘原子32-1

営業時間:
(平日)10:00~16:30(14:30受付終了)
(土日祝)10:00~17:00(15:00受付終了)

魚太郎浜焼きバーベキューのWebサイトはこちら↓

  1. 魚太郎浜焼きバーベキューは蒲郡市の魚太郎ラグーナ蒲郡店にもあります。

コメント