ほかほか弁当 矢三店(徳島市南矢三町)

ほかほか弁当11 グルメ

弁当というのはすこぶる旨い。自宅で作った弁当や、スーパー・コンビニで購入した弁当のような冷めた状態でも旨いやつも良いけれど、できたての弁当を買って食べるのが最高だ。

この手の持ち帰り弁当はほっかほっか亭やほっともっと、関東のオリジン弁当が有名だけど、徳島にも地域に根差した弁当屋がある。

その名も「ほかほか弁当」だ。徳島で「ほか弁」と言うとこっちを指すのかもしれない(笑)

ほかほか弁当5

インターネットで検索してみたけれど、運営会社や創業年などの詳細は不明だった。というのも、「ほかほか弁当 徳島」などのワードで検索しても「ほっかほっか亭」がヒットしてしまうからだ(笑)

だけど、ロゴマークや内装の感じを見るに老舗のような感じはする。(食べログのレビューにも『昔からある』という文言があった1

徳島市やその周辺の藍住、北島、鳴門などに広く出店している。また、「ほかほか弁当」と「不二ほかほか弁当」の二種類ある様子。(おそらく不二のほうがフランチャイズ?)

鮎喰にも一件ありましたが、最近閉店しました。

ほかほか弁当2

ほかほか弁当3

メニューは弁当や丼類、おかず等非常に豊富。一部のメニューはサービス価格で提供されている。(ちなみに月替わりの様子)

ほかほか弁当4

矢三店はこの日の仕事場の近くにあったので、昼食を買うために立ち寄った。+50円でご飯を大盛りにできるほか、昼の時間帯にはサービスとして味噌汁が付くようだ。

ほかほか弁当6

この日はサービスメニューの「のりから弁当」の大盛りを注文した。(300+50円、税抜)

ほかほか弁当8

甘辛い照り焼きダレのたっぷりかかった唐揚げは王道の美味しさ。海苔がタレをせき止めてくれているので、ご飯は白いまま楽しむことができる。

付け合せに玉子焼き、たくあん、こんにゃくのきんぴらが付いてくる。こんにゃくのきんぴらは辛味の効いた濃いめの味付けで、ご飯が進む。

ほかほか弁当7

ほかほか弁当1

味噌汁は赤だしがちょっと強い感じの合わせ味噌で、わかめが入っている。

けっこう厳重に蓋がしてあるし、袋の口を縛って渡してくれるので、持ち運ぶのも安心だ。

リーズナブルなほかほか弁当で、午後からの仕事も頑張ることができた!

後日、改めて訪問しました。

こちらのほかほか弁当には、けっこうなデカ盛り弁当がいくつかあるらしい。

ほかほか弁当9

そのうちの一つが、こちらのジャンボからあげ弁当だ。(680円、税別)

その大きさは先ほどの「のりから弁当」や箸袋と見比べてもらったらわかるかと思う(笑)

ほかほか弁当10

ずっしりとした重さがあるけれど、底もかなり深い。ご飯も唐揚げもぎっしりと詰まっている。

ほかほか弁当11

内容は大盛りのご飯にカリカリ梅、大きめの唐揚げ約10個、卵焼き、千切りキャベツ(ごまだれ付き)、たくあん、昆布の佃煮、こんにゃくのきんぴら、マヨネーズ。

唐揚げは脂身や皮の部分が少な目で、肉の部分を楽しむタイプ。ニンニク風味のタレの味が絶妙だ。

できたての唐揚げ弁当はやっぱり美味しい。唐揚げ以外の付け合せもピリ辛でご飯の進む良い箸休めだった。

あっさりめの唐揚げです。こってりさせたい場合はマヨネーズにディップすると良い感じです。

リーズナブルにお腹いっぱいになれる、良い感じの持ち帰り弁当だった。

ほかほか弁当は市内の各所にあると書いたけれど、僕が仕事をする色々な現場の近くにもあるので、これからも積極的に利用していきたいと思う!

ほかほか弁当 矢三店
徳島県徳島市南矢三町3丁目4-39
  1. 2020/2/17追記。矢三店は2002年頃の開業のようです。消費増税に伴い『創業17年で初めての値上げをする』という旨の張り紙が店内にありました。

コメント