【道の駅巡り】おおさき(宮城県大崎市古川千手寺町)

おおさき外観 宮城

道の駅紹介

宮城-14 おおさき

第50回(2019年3月)登録、2019年7月開業

おおさきスタンプ
【スタンプ】
おおさき記念きっぷ表
おおさき記念きっぷ裏
【記念きっぷ】販売中

所在地:宮城県大崎市古川千手寺町2丁目5-50

地域の農産物の揃う道の駅

道の駅おおさきは、大崎市(旧古川市)の中心市街地に位置する道の駅です。2019年にオープンしたばかりの、比較的新しい施設です。

あんずとマチのドライブ

到着です!

おつかれさまです!

おおさき4

大崎市は宮城県でも有数の農業地帯で、稲作を中心に自然環境と共生した農業が営まれてきました。大崎平野の農地は「大崎耕土」とも呼ばれ、世界農業遺産に登録されています。

おおさき6

道の駅おおさきでは、そんな大崎耕土の育んだ農作物を幅広く取り扱っています。その他、地物の日本酒や味噌なども揃っています。

おおさき5

フードコートでも、地元の野菜をふんだんに使用したメニューを味わうことができます。野菜炒め定食がとても美味しそうです!

おおさき1

宮城県の米といえば「ササニシキ」ですが、近年はその後継品種である「ささ結」が生産されており、大崎エリアのブランド米となっています1

おおさき2

そしてここにも、ずん子ちゃん!

東北ずん子のデザインされたつや姫、つきあかり、ササニシキも販売されていました。

おおさき3

野菜や農産加工品の並ぶ物産コーナーの一角には、道の駅おおさき限定グッズも並んでいます。

マグカップや、イメージキャラクターの「パタ崎さん」のグッズなどが並んでいますが、Tシャツ愛好家のなまこマンが注目したのはもちろん、道の駅おおさきTシャツです!

おおさきTシャツ

伸縮性のある薄手の素材なので、肌着のような感覚で着ることができます。運動のお供にしても良いかもしれません!

コミュニティの中心に位置する憩いの道の駅

道の駅おおさきは、大崎市の中心地に位置しており、道の駅の周囲には病院や消防署、警察署、市役所が位置しています。それゆえに災害時の防災拠点としての機能もあり、有事に備えての様々な設備が揃っています。

施設内には広い休憩スペースがあり、地域の住民の憩いの場となっていたのも印象的でした。大崎耕土の物産や地域の魅力を発信しつつ、大崎市の街づくりの中心的な施設の一つとして、人々の集う場所になっています。

情報コーナーも充実しており、大崎エリアの観光の拠点にもできます。コンパクトでありながらも、魅力がギュッと詰まった道の駅です!

しまむらT
おおさきTシャツ

また「回し者」系Tシャツが増えてしまったよ…

しまむらTシャツは徳島でも目立っていましたよね。

なまこマンの中の人は、過去にとある広報誌に出たことがあってね。その時、何気なく「しまむらTシャツ」を着ていたんだけど、出来上がった広報誌からは見事にフォトショップで「しまむら」の部分が消されていたよ…

まあ、意図せず広告になってしまいますからね…

もし、また似たような取材依頼があったら、今度は道の駅おおさきTシャツを着て行こうかな!

やめてください!

(道の駅おおさきのホームページはこちら↓)

宮城県の道の駅一覧へ

  1. 「ささ結」は正確には品種名ではなく、大崎エリアにて生産された稲「東北194号」のみに付与されるブランド名

コメント