知多半島の先端にドライブ!羽豆岬(愛知県知多郡南知多町)

羽豆神社1 気になるスポット

9月中旬に遅めの夏休みをとって、2泊3日で愛知県各地を観光してきました。2日目の目的地は知多半島です。名古屋から片道60km、有料道路を経由して約1時間で行くことのできる、都会の喧騒から離れた自然豊かな場所です。

まず最初に目指した場所は、知多半島の先端にある羽豆岬です。ウバメガシの原生林のトンネルを潜り抜けると、目の前に三河湾の広がる、ロマンチックなロケーションです!

ロマンチックゆえに…

名古屋から、有料道路の知多半島道路および南知多道路を南下し続け、道なりにずっと進むと、羽豆岬に到着します。公営の有料駐車場「師崎港駐車場」(1時間100円)が羽豆岬から近いです。

師崎港観光センター1

駐車場の近くには、近隣にある離島の日間賀島や篠島へと向かうフェリーターミナルを併設したお土産店「師崎港観光センター」があります。建物の前には名鉄バスのバス停もあり、美浜町の河和駅までのバス路線があります。

師崎港観光センター2

品揃えは銘菓や、日間賀島の特産品であるタコ製品が中心です。鄙びた雰囲気が素敵ですね。

師崎港屋台

師崎観光センターの隣には、味里という海鮮料理の店があり、しらす丼や大あさり焼き、なまこ酢等を味わえるのですが、訪問日はたまたま休業していました。(不定休のようです)

ここで軽く何かを食べておきたかったので残念ではありましたが、気を取り直して羽豆岬の先端へと向かうことにしましょう。

羽豆岬鳥居
同行者にモザイクをかけています

岬の先端のほうには、大きな鳥居があります。羽豆岬には「羽豆神社」という神社があるので、その鳥居ですね。

三河湾1

鳥居をくぐると、目の前には三河湾が広がります。見えている陸地は伊良湖岬… ではなく、離島の篠島ですね。訪問日はあいにくの雨模様でしたが、綺麗に晴れていたら渥美半島まで見えるのではないかと思います。

羽豆岬案内図

羽豆神社の周囲は、ウバメガシというどんぐりの木の原生林となっています。鎮守の森ゆえに切られず保存されているわけなのですが、それゆえに三河湾エリアの本来の植生が保存されており「羽豆神社の社叢」として国の天然記念物に指定されています。

ウバメガシ

ウバメガシはかなり生い茂っていて、看板が隠れていました(笑)

羽豆神社1

ウバメガシの森の中に続く階段を上っていくと、羽豆神社が見えてきます。トンネルのようなウバメガシに覆われた鳥居は、どこか神々しい雰囲気ですね。人気が無く、しんと静まり返っており、少し緊張感を覚えます。

三河湾2

ですが、参道から見える三河湾はとてもきれいです!海の青と、ウバメガシの緑とのコントラストが素敵です。ロマンチックですね。人が少ないので、この景色を独り占めできます。

羽豆神社2

羽豆神社の拝殿までやってきました。手つかずの緑の中に佇む様子が神秘的です。

無人の神社なので、絵馬や御朱印等の料金は賽銭箱にまとめて入れる必要があるのですが…

羽豆神社3

なんだこの絵馬のデザインは!!

いやぁ。羽豆岬の案内図に「恋のロマンスロード」と書いてあった時点で薄々察してはいたんですよ。ですが、その察しがここで確信に変わりました。ここ、カップルで来る場所だぁ!!!1

「ウバメガシの木に覆われた緑のトンネルを抜けると海が見える」というロマンチックなロケーションは、ぜひとも恋人と訪れたいですよね。人でごった返すスポットではありませんが、だからこそ森と海の景色を「二人占め」できるというわけです。なんだか自分で書いていて切なくなってきましたが、羽豆岬が恋人たちの集うスポットたる理由はそれだけではありません。

羽豆神社の祭神は建稲種命(たけいなだねのみこと)という、古墳時代に尾張の国を支配していた豪族で、ヤマトタケルの東征の際に旗頭として軍を従えました2。建稲種命は妻の玉姫と一緒にこのあたりに住んでおり、風光明媚な羽豆岬をよく散歩していたといいます。そして、建稲種命が東征に出て不在の間、玉姫は夫の帰りを羽豆岬でずっと待ち続けていました。すなわち、羽豆岬は献身的で一途な妻が夫を想い続けた場所というわけなのです。これを知るとますますもってカップルで訪れるべき場所だなぁと思いますね…!

あっ、ちなみに、最初の鳥居の写真で「同行者」について書きましたが、まあ当然のごとく同行していたのは女性ではなく男性です(苦笑) 僕が「ウバメガシのトンネル(恋のロマンスロード)の写真を撮りたい」と言ったら、同行者は「何が悲しくて男同士でそんな場所を通らなきゃならんのだ」とぶった切りました(笑)

SKE羽豆岬歌碑

最後に、SKE48の「羽豆岬」という楽曲の歌碑を訪れました。羽豆岬は2010年に発表された楽曲で、MVのロケも羽豆岬で行われています。地元が題材の楽曲ゆえに、ファンの間でも人気のようです。YouTubeにMVがあるので実際に聞いてみましたが、ノスタルジックな歌詞とメロディが素敵でした。

羽豆岬 まとめ

知多半島の先端にある羽豆岬には、フェリー乗り場兼お土産物店の「師崎観光センター」と、海鮮料理を味わえる食事処「味里」、ウバメガシの緑のトンネルに包まれた神秘的な「羽豆神社」といったスポットがあります。駐車場は公共の「師崎港駐車場」(1時間100円)が一番近いです。バス停もあるので、河和駅から名鉄バスでアクセスすることが可能です。

羽豆神社は特に、恋人たちにぴったりのロマンチックなスポットでもあるので、次に訪問する機会があれば女の子と訪問したいです(笑) あとは、味里で大あさりやしらす丼も食べてみたいですね。

羽豆岬
愛知県知多郡南知多町師崎明神山2

高知県の室戸岬の紹介記事はこちら↓

  1. 実際には、恋愛系のみならず、SKE48ファンの推し活関連の願い事も多く絵馬に書かれています。(むしろそちらのほうが多い)
  2. 旗頭⇒幡豆⇒羽豆となったという説があります。

コメント