世界ジオパーク 室戸岬を満喫!

室戸岬1 気になるスポット

四国の南東、太平洋に突き出した室戸岬は自然の宝庫です。室戸へ行ったら、ぜひ一度ゆっくりと散策してみたかったところでした。

今回は、室戸岬の自然や風景を紹介していこうと思います!

車を運転するゆみ

私、室戸岬って初めて行くのよね。

四国の先端で愛を叫びましょう!

それは勝手にして。

室戸岬の観光拠点 室戸世界ジオパークセンター

室戸岬4

室戸岬から北に6.4kmほど離れたところに、室戸世界ジオパークセンターという施設があります。

室戸岬6

室戸岬からはそこそこ離れた場所にありますが、室戸岬の詳細な解説や、室戸という地域を紹介する展示があり、ここの展示を見ると室戸の町並みや自然への理解度が上がり、景色の数々も解像度が上がって見えます。

室戸岬5

館内には室戸海洋深層水のサービスもあります。マイボトルに注いだりすることができます。

室戸海洋深層水の化粧水ってお肌に馴染む感じがするのよねー。

コーヒーを淹れても美味いんですよ!

室戸岬2

室戸岬周辺はユネスコが認定している「世界ジオパーク」に登録されています。この世界ジオパークというのは、地質学上重要な地形や構造を、その地に根付いた生態系や文化を含めて保全し、地域の観光資源や教育資源として生かしていこうという取り組みです。

室戸周辺にはプレートの境界があり、プレートの動き(プレートテクトニクス理論)を実証するような地形がたくさん観察できます。

プレートの関係上隆起しやすく崩れやすい地形なようで、それゆえに、そのような地形でも植えやすく潮風にも強いウバメガシ1をたくさん栽培して備長炭の原料としたり、また、海洋深層水を取水しやすいことから海洋深層水製品を製造・販売したりなど、人々は室戸特有の地質学的な特徴を生かした暮らしを営んできました。

ジオパークセンターでは室戸の地質学的特徴や室戸の文化を紹介する展示が多くあり、これを見れば室戸という地域がどのような場所なのかよくわかります。また、お土産コーナーや喫茶コーナーもあるため、休憩やお土産購入にもおすすめの施設です!

室戸世界ジオパークセンター
高知県室戸市室戸岬町1810-2

室戸岬の雄大な自然を満喫!

ジオパークセンターを後にし、車を走らせ室戸岬へと向かいました。

室戸岬7

室戸岬の尖端にはちょっとした駐車スペースと展望台があります。

なまこと煙は高いところが大好きなので、展望台の上に登ってみました。

室戸岬8

室戸岬9

見事な水平線ね!

雲の切れ間がちょうど見えますね!

室戸岬3

室戸岬には遊歩道が整備されており、独特の形状の岩や亜熱帯の植生などを観察することができます。

室戸岬11

砂ではなく石の海岸になっていますね。

室戸岬10

ところどころに、ごつごつとした岩があります。岩に黄色い花が咲いています。武骨な岩を可憐に彩っていてきれいでした。

室戸岬12

寄せては返す冬の波。波の音に心が洗われます。

室戸岬13

陸の方向を見ると、山が高くそびえています。プレートの運動により、深海の地形が隆起したことによって形成されたようで、山の高い場所にも深海の岩が観察されるそうです。

室戸岬20

室戸の地形の最大の特徴はこの層状の岩で、海底に堆積した砂岩と泥岩の層がプレート運動で地表に現れたものがこの岩なのだそうです。こう聞くと地球の動きを生き生きと感じられますね。

室戸岬14

遊歩道を進んでいくと、亜熱帯植物がトンネルのように生い茂っています。ちょっとした幻想的な風景です。

室戸岬15

このデカい葉っぱ、人でも喰いそうな迫力ね…

リュウゼツランですね!

室戸岬16

室戸岬17

すごい!こんなにたくさんのサボテン、初めて見たわ!

ここに飛び込んでリアクションとったらおもしろいかな…(ブツブツ)

やってみろ。

室戸岬18

遊歩道を進むと、土佐日記の碑が立っています。

紀貫之一行が都への望郷の念を強めた場所で「都にて やまのはに見し 月なれど なみより出でて なみにこそ入れ」という歌が碑に刻まれています。都では山から昇ってきたはずの月が、ここでは海から昇り海へと沈んでいく。懐かしい風景を思い出して感傷に浸る様子は、慣れ親しんだ徳島から未知のエリアである仙台へと移り住もうとしている自分自身にも被りますね…

室戸岬19

土佐日記の碑から見える海もきれいです。

室戸岬周辺はあまり観光地として開発されておらず、売店や観光施設などはほとんどありません。ですが、その分手つかずの自然をしっかりと楽しむことのできる場所ですね。皆様も室戸岬で雄大な景色を楽しみながら、地球の営みを感じてみてはいかがでしょうか!

海のバカヤロー!!!!!

自分を育んでくれた母なる海に何てこと言うのよ。

いやぁ、こういうのは雰囲気ですよ!心の中のもやもやを一気に発散するんです。確かに海にとっては理不尽な話かもしれませんが、それでも大きな海と比べたら僕の心のもやもやなんてちっぽけなものです。大きな海は優しく包み込んでくれるんです!

なるほどねぇ。じゃあ私も。

今月の家賃待ってください!!!!!

それは大きな海じゃなくて大家さんに言いましょう…

室戸岬
高知県室戸市室戸岬町6939-4

室戸の新名所「むろと廃校水族館」の紹介記事はこちら↓

室戸のご当地グルメ「室戸キンメ丼」の紹介記事はこちら↓

室戸市の道の駅「キラメッセ室戸」の紹介記事はこちら↓

  1. どんぐりの仲間

コメント