【閉店】うどん工房 名麺堂(徳島市中常三島町)

名麺堂2そば・うどん

※2023年1月閉店

胃が悪くてもうどんなら食えるということで、気になっていた中常三島町の「うどん工房 名麺堂」にお邪魔した。

名麺堂は徳島市のうどん店の中でも人気のある店の一つで、僕の周りでも評判が高い。

名麺堂1

国道11号線吉野川バイパス沿い、吉野川大橋を渡り、徳島市街に入ったあたりにある。

店内はお昼時ということもあって大変にぎわっていた。人気ぶりがうかがえる。内装は木と煉瓦をベースに作られていて、おしゃれな雰囲気だ。

こちらの店はセルフサービス。次から次へと流れるように客がやってくるので、流れを妨げないように僕も注文をする。

あっ、そうだ。油物はNGだから天ぷらを注文できないんだ!とり天が美味しそうだったけれど、泣く泣くスルーした。

名麺堂2

注文したのは「かけうどん(ひやあつ)」。(410円)

かけうどんは「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」から選ぶことができる。これはだしとうどんの温度を指していて、今回注文した「ひやあつ」は冷たいうどんに熱いだしをかけるスタイル。冷やされたうどんの引き締まったコシと、温まっただしの広がる香りの両方を楽しめる、本場香川ではメジャーな良いところ取りの贅沢な食べ方だ。

うどんはびっくりするほど滑らかで、喉越しが最高。「うどんは飲み物」という言葉を聞いたことがあるけれど、名麺堂のうどんはまさに飲み物だった。喉の奥までするすると滑らかに流れ込んでいく。そして噛みしめると、コシがとても強く歯ごたえが楽しい。小麦の味もしっかりと感じられる。

だしは利尻昆布といりこがベース。ふわりと広がる香りが心地よく、甘すぎず濃すぎない奥ゆかしい上品な味わいだ。

周りの人の好評も納得の、本格的な讃岐うどんでした。天ぷらも食べられるようになってから出直します(笑) ごちそうさまでした!

うどん工房 名麺堂
徳島県徳島市中常三島町1丁目16-3

コメント

タイトルとURLをコピーしました